大きく分けて3つ?不動産投資で…

大きく分けて3つ?不動産投資で重要になる建物の種類

公開日:2019/06/21

大きく分けて3つ?不動産投資で重要になる建物の種類

不動産投資を始める際、多くの方は「どの建物に投資するべきか」と最初に頭を悩ませることでしょう。不動産投資の対象となる建物にはさまざまな種類があり、それぞれの特徴は異なります。各建物の特徴をしっかり把握していないと、思わぬところで損をしてしまうかもしれません。そこで今回は、投資をする建物の中でも代表的な「区分所有マンション」「アパート」「一戸建て」の特徴をご紹介していきます。

 

 

初心者でも始めやすい「区分所有マンション投資」

非常にオーソドックスであり、不動産投資初心者が始めやすいのが「区分所有マンション投資」です。区分所有とは、基本的にワンルームマンションを部屋単位で購入し、貸し出すタイプの投資を指します。

 

 

区分所有マンション投資のメリット

区分所有マンション投資のメリットとして非常に大きいのが、「少額から始められる」という点です。そのため、区分所有マンション投資を選択する人は多く、不動産投資においてもっともメジャーな建物と言えます。また、物件あたりの価格が安いため、複数物件を所有できるなど選択の幅を増やせる点も大きなメリットでしょう。管理は管理会社などに任せられるため、忙しい本業の合間に行う副業としてもぴったりです。

 

 

区分所有マンション投資のデメリット

区分所有マンションのデメリットとして、マンション全体への投資ではないため、退去者が出ると家賃収入がゼロになってしまう点があります。また、管理会社に管理を任せられる一方で、管理費を納める必要があるため、想定以上の費用が発生するリスクもあるので注意が必要です。

 

 

メリットもデメリットも大きい「アパート投資」

アパート投資とは新築・中古関係なく、アパートを土地も含めて1棟丸々購入する投資です。土地を含めたアパートすべてが自分のものとなるため、自分の意志でさまざまな方針を決定できるのがポイントとなります。

 

 

アパート投資のメリット

アパートに投資するメリットとして、部屋が複数あるため、退去者が一人出たとしても家賃収入がゼロになるリスクを減らせるという点が大きいでしょう。基本的に高利回りが狙いやすく、キャッシュフローがよいのも魅力的です。また、何があっても土地は残るため、資産性が高い点も見逃せません。

 

 

アパート投資のデメリット

アパートに投資する大きなデメリットが「多額の費用が必要になる」という点です。土地も含めてアパートを購入するため、基本的に高額になります。また、木造アパートの場合は物理的耐用年数に注意しないと、大規模な修繕工事の必要性が出てくるため、追加費用の発生は避けられません。

 

 

高利回りが期待できる「一戸建て投資」

一戸建て投資とは、一戸建てを購入してから第三者に賃貸する投資です。基本的には中古物件を購入して、ファミリー層に貸し出すのがメインとなります。

 

 

一戸建て投資のメリット

一戸建てのメリットとして、一度入居者を見つけられれば、よほどの事態が起こらない限りすぐに退去される可能性が低く、長期にわたって家賃収入が見込めることが挙げられます。また、基本的に管理はすべて借り主側が行ってくれるため、手間がかからない点も魅力的です。アパート同様に建物と土地を所有しているため、資産価値を維持しやすいのも大きなメリットでしょう。

 

 

一戸建て投資のデメリット

一戸建て投資は投資費用が高額になるのもネックですが、それ以上に退去者が出ると空き室率が100%になり、家賃収入がゼロになる点が大きなデメリットと言えるでしょう。また、借り主が退去したあとのリフォーム費用が割高になりやすい点も考慮する必要があります。全体的に、借り主の動向に左右される建物と言えるでしょう。

 

 

まとめ

不動産投資は投資対象となる建物にいくつかの種類があり、初心者のうちはどの建物が自分に向いているかわからないという方も多いでしょう。そんなときは「建設若菜」までご相談ください。不動産事業のプロフェッショナルであるアドバイザーが、しっかりとご希望をヒアリングしたうえで的確なアドバイスをいたします。不動産投資を一人で始めるのが不安だという方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせはこちら

一覧へ